しみやそばかす、肝斑に関する悩みを解決する方法

キャバクラって?

  • 夏から秋にかけて
  • 疲れを取る
  • 予防と対策について

違いについて

しみには様々なものがありますが、そばかすと通常のしみは異なるものです。
シミにも関係することがあるそばかすですが、しっかりケアしておくことによって、よりキレイな肌を保つことができるようになります。

そばかすは頬にできて、目の下から鼻の上辺りまでできる人が多く、中には体の全身に広がっている人も存在します。
斑点状に広がっていることが多いので、雀卵斑と呼ばれていることもあり、茶色の場合がほとんどです。
白人にはそばかすが多いことで有名ですが、日本人でもそばかすができる人はたくさん存在します。
年齢を重ねることによってできるシミや肝斑とは違い、遺伝によって現れることもほとんどで、子供の時からできる場合もあります。
思春期からはそばかすが薄くなっていく人も多いので、気にならなくなることもありますが、大人になってからでも残ることはあります。

そばかすはクリニックで治療をすることができます。
その方法は様々なものがありますが、フォトOPSという機械を利用して治療が有名です。
これは単一波長のレーザー治療とは違うタイプのレーザーを発射するので、より広範囲に渡りすぐに治療をすることができます。
また、そばかすだけの治療ではなく、ニキビの治療や肝斑、毛穴を引き締める効果もあります。
治療の時間もわずか10分程度で済むので、すぐにできるのが最大の特徴になります。
痛みもほとんどない治療の方法なので、心配になる方も多いですが、一度実施することによってすぐに安心することができるようになります。

治療をした後に注意をすることは、しっかり日焼け止めを利用することです。
そうすることによって、仕上がりもより完璧にキレイな状態を作ることができるようになります。